2014年09月14日

裏側を見てしまった

高垣先生の作品、裏刷りという技法を使っていらっしゃると以前お伝えしましたが

裏刷り1.jpg

納品する作品のマットに小さな繊維がついていたので、額縁を開けて掃除しようとしたところ、、、偶然見えてしまいました

裏刷り.jpg

見てしまった!



posted by palettediary at 14:29| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

辻元子 「秋の風 1」

akinokaze.jpg

 日常目にする何気ない風景。日頃、見慣れたものの中に点在する風景を自分の中に取り入れ、自由に構成しなおし、色彩豊かに表現することを考えて制作しています。
 日頃、こどもたちと一緒に山道を歩く機会が多く、その中で発見する形だったり、色だったり、自然やこどもから受ける生命力だったり。それらのものに影響され作品をつくっています。
 自然の中では、人間も小さな存在なのかもしれませんが、そんな小さな一人の人間がつくる作品から、多くのひとに強い生命力とあたたかさを感じてもらえたらと思っています。
辻 元子



「秋の風 1」
リトグラフ
15×21cm
posted by palettediary at 12:16| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

筆塚稔尚 「何処へ」

何処へ.jpg

百も承知
経験を重ねるごとに頭が冴えてくる。「冴える」という言葉で言い表せてなければ、経験してきた事柄の多さで、まるで森の中で月の光を浴びる梢の隙間を探しているように、乗り越えていく方向がピンポイントに狭くなったと言える。歳を経ると自ずと丸くなるというが、こと「ものつくり」に関してはどんどん尖っていく。可能性の幅はなんら若者と変わりはないのだが、言葉に出会い、人にぶつかったぶん意識ははっきりし、優先順位は鮮明になる。…やはり、丸くはなれないから冴えていく。
 ただ、自分の内側に向けたことだから、降ろせば楽にはなるが、観たいという妄想へのささやかな「志」を引き出しに終い込めば、明日から何をしようかとまた別の妄想の引き出しが開いてしまうに違いない。退職という区切りがあればまだいいのだが、作るというのは生き方だから始末に悪い。だから、このまま行く。
筆塚稔尚



「何処へ」
woodblock/relief
16×22cm


posted by palettediary at 15:13| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

筆塚稔尚 「無言―2」

mugon2.jpg

私の絵
 私の絵には二つの柱があります。ひとつは「心」という見えない意識を様々な形を借りて抒情的に表した絵。もう一つは「心」をひとつの「器」や「型」になぞらえ、その留まらないありさまを色にたとえて現したものです。
 柱といっても裏と表、右と左のようなもので、心の揺らぐ振れ幅のようなものです。一見全く別の作者の用に思われてしまう私の絵ですが、これは長い間に自分が描き残したいものは「心のありさま」ということに気付いたからです。それは「むらぎも」という一語に出会ったことで確信に変わりました。「むらぎも」とは心の枕詞でとても古い言葉。不思議なことに、漠然とした潜在意識が、たった一語に出会うことによってこれほど自由な意識をもたらすとは、今まで経験がありません。だから「心」を絵に現すことができるなら、具象とか抽象という違いは、私には些細なことのように思えます。ただ潜在する妄想が私の体から離れ、絵として描き残せるのなら。
筆塚稔尚



「無言―2」
etching,chine colle 楮紙
41.5×29cm


posted by palettediary at 11:31| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

「Three leaves 版画3人展」はじまります

taka.jpg

いよいよ10日(水)から始まります。
といいつつ、実は日曜日にはもう展示完了していました
そうとは知らずに画廊を訪れたお客様たちにも、とても好評です。

fude.jpg

今回は当初、手前のコーナーだけで展示する予定でしたが、掛けきれなかったので奥のコーナーに進出し、画廊全体の約3分の2を展示スペースとして使いました。

tsuji.jpg

とても見ごたえのある展覧会になりました。
たくさんの方に見ていただけると嬉しいです。
皆さまのご来廊を心よりお待ちしております。





posted by palettediary at 10:50| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

リトグラフって

リトグラフは、水と油が反発しあう特性を利用した技法です。

tsu2.JPG

日本では明治時代頃から行われるようになったとのこと。
版の筆跡やタッチが表現できるということで人気のリトグラフですが、製版方法が少々厄介です。
簡単に説明すると、「版に油性のクレヨンやインクで描き、薬品を塗って化学変化により、描画部分にインクが乗り、その他の部分はインクが乗らないように製版する」のですが…。
辻元子さんに制作の写真を送っていただきました。

tsu1.JPG

tsu3.JPG

tsu4.JPG

ダーマトグラフやリトクレヨンなどで描画して、ゴムを薄くたたきます。
そのあと、スクレパーやニードルなどで版を引っ掻きます。
そのあと、製版をし、色出しして刷ります。

と、ざっくり教えていただきました!
本などの解説を読んでも、やっぱりちょっと手順が難しいんです。
なので、大体わかっていればOKかと。
やっぱり、百聞は一見にしかずで、実物をどうぞご覧ください。






posted by palettediary at 11:10| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

水性木版画の「裏刷り」とは

木版画の刷り方の一つに「裏刷り法」という刷り方があります。
今回の版画展の高垣先生が、作品に使われている技法です。
2013_22_高垣秀光.jpg
この作品でいうと、建物の部分です。

urazuri.jpg
「現代木版画技法」という本に紹介されてますが、本では少しわかりにくかったので、先生に制作写真を送っていただきました。




1.JPG
先生の仕事道具です。

2.JPG
彫刻刀を研ぎます。


版木を彫るところは、省略します。


3.JPG
版に墨をつけ、

4.JPG
紙を置きます。

5.jpg
トレペ(当て紙)を当て、バレンで刷ります。色を裏から表に滲み出させるので、浸透性の良い絵の具を使い強い圧力をかけて刷ります。

6.JPG
表に戻したところ。
裏から薄く絵の具が見えています。これを2版、3版刷り立体感を出します。

この後、表からも刷ります。表裏両面摺りです。両面から刷ることで、複雑な色彩とマチエールを見せることができます。
「木版画」も、とても奥が深〜いんです。
写真ではわかりづらいので、ぜひ展覧会で実物をご覧ください!



posted by palettediary at 10:30| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

木版画について

油性インクと版.JPG
小学校の授業で、みんな一度は経験している「木版画」。
版画といえば、木版画しかないと思われている方もたまにいらっしゃいますが…。

さて、筆塚先生の制作風景第2弾「油性木版」です。
今回も、写真を準備していただきましたので、ざざっとご紹介。
油性インクと版3.jpg
銅版画に比べて、木版画はたくさん版木を準備します。

油性木版_刷り.JPG
版を重ねているところ。

油性木版_インク乾燥.JPG
インクを乾燥させているところ。(写真の上の方に注目)

油性木版_刷り上がり確認中の仕事場.jpg
仕事場で作品を眺めながら、くつろいでるところ。

今回の展覧会では、筆塚先生に「油性木版」高垣先生に「水性木版」を出品していただきます。
同じ木版でもインクの違いでこんなに違うんだということがわかったもらえると思います。

毎回とても大ざっぱな紹介で申し訳ありませんたらーっ(汗)
“百聞は一見にしかず”ということで、詳しくは展覧会をぜひご覧ください。



posted by palettediary at 10:57| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

版画ができるまで

ビュランと版と試刷.jpg
 今回の展覧会で展示する「版画」は、どの技法もアナログで、デジタル印刷にはない質感や深みがあり、とても魅力的です。高い芸術性はもちろんですが、イメージを版画で表現する技術力も必要です。
この度、筆塚先生に作品制作(ビュラン)についてお聞きしました。

ビュラン.jpg

<ビュランとの出会いから>
私の版画の表現の基本になっているのは、ビュランと呼ばれる刀を用いて、彫るという技法です。ビュランは、腐食液を用いて表現するエッチングとは異なり、銅板の上にビュランという刃物で直接彫って表現する方法です。同じ技法で木の上に直接彫って表現する技法は木口木版画と呼ばれます。
この技法は、線の抑揚を使って、表情の異なった幾本もの線を重ねたり、平行に並べたりして陰影やボリュウムを付け絵を作ります。古典的で非常に単純な技法です。現在は紙幣の肖像画や切手、複製を嫌う高度な印刷製版技術として唯一残っている技法です。
彫ることと、描くこと、この共存をこの技法に見付けたとき、何か、昔の友達にでも合ったように、すぐ近しい関係になりました。以来、彫ることが私の表現することの基準となっています。現在は、彫ることを発展させて、版画の特徴の一つである『摺る・刷る』(彫った痕跡を、圧力をかけて紙に刷り取ること)に表現の重要な要素を取り入れたいまでも、絵の題材や扱う技術が変化しても、いつも新しいアイデアを私に教えてくれるのはこの技法の考え方です。

ビュランで銅版に彫る.JPG
とても神経を使う作業です。

銅板_刷.JPG
刷り上がり!

銅版画・木版画すべての技法にいえることですが、一つの作品が出来上がるまで、準備も含めてとても大変な工程です。それを知っているだけでも、作品の見かたがグーンと変わってくるかなぁと思います。


posted by palettediary at 11:24| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

版画展の作家紹介

9月10日から始まる「Three leaves 版画3人展」の3人の作家さんの
昨年「リトルクリスマス-ちいさな版画展」で出品された作品です。
この作品を見て、あ!と思い出していただければ・・・

高垣秀光 TAKAGAKI Hidemitsu
「星の街−578」 木版画(水性木版画、表裏両面摺り)
2013_22_高垣秀光.jpg
1953 広島県生まれ
1980 多摩美術大学大学院修了
1993〜94 文化庁在外研修員としてスペイン(バルセロナ)留学
※この作品についての思いや詳しい画歴はこちらをご覧ください。2013_22_高垣秀光.pdf

筆塚稔尚 FUDEZUKA Toshihisa
「時を盗んだ雲」 銅版画(アクアチント・楮紙)
2013_33_筆塚稔尚.jpg
1957 香川県生まれ
1981 武蔵野美術大学卒業
1983 東京芸術大学大学院修了
2000〜01 文化庁在外研修員としてポーランド留学
※この作品についての思いや詳しい画歴はこちらをご覧ください。2013_33_筆塚稔尚.pdf

辻 元子 TSUJI Motoko
「浮かびあがるもの1」 リトグラフ
2013_24_辻元子.jpg
1973 神奈川県生まれ
1997 女子美術大学卒業
1999 東京芸術大学大学院修了
※この作品についての思いや詳しい画歴はこちらをご覧ください。2013_24_辻元子.pdf

高垣秀光先生・辻元子先生は2013年初参加でした。
そして、筆塚先生は毎回違うパターンの作品で、見るお客様が同じ作家だと気づかれないほどの達人です。
この度の展覧会では、作家さんたちの作品を約15点ずつ展示いたします。
どうぞご期待ください!




posted by palettediary at 15:01| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする